[PR 広告]

-.-.-(-:-)

アパレル関係の広告費は上がってますよ!

2015.1.26(19:21)
洋服

ここ数年で広告費が上がってるなぁと思う業種が、アパレル関係です。

個人経営のアパレルショップさんや、セレクトショップさんは、

「ネットでも服が売れないだろうか?」と思うでしょうが

ここ数年で大きなサイトががっつがつにできてしまって、PPC広告とかの単価ががっつり上がってるようです。

私の知り合いのネットショップ経営者も「広告費が・・・」と嘆いてます。(苦笑)

たぶん今からだと、狙えるキーワードはかなりマニアックな所しか狙えないんじゃないかと思います。

「ワンピース」とか「フリルスカート」といった商品の種類はビックキーワードです。

PPC広告を打つと、1クリック単価もめちゃめちゃ高くなると思います。

狙うとしたら「結婚式_ワンピース」といった着るシーンと商品をからめた複合キーワード。

これはけっこう作れると思います。

「運動_ジーンズ」とか「入社試験_ブラウス」などなど

その複合キーワードで検索があるかどうかは置いておいて、考え付く限りの物を出せば良いと思います。


こういう「使うシーン+商品」というキーワードの場合、気をつけるのは必ず商品と広告が合っている事です。

さきほどの例だと「結婚式+ワンピース」で狙うとします。そうすると、ぜったい白いワンピースはNGです。結婚式に白い服は着て行けませんよね!!白い服は新郎新婦のみが着る色です。

洋服の場合は着るシーンによってはタブーがあるので、それを把握してないと売れないし、間違って売ってしまえば、お客さんが恥をかいてしまうハメになります。

まあ、日本の場合はヨーロッパのような細かい服装のマナーがないので、それほど気にする必要もないですが、服を扱うなら解っておく事が重要。

フォーマル、インフォーマルといった単語は理解しておいたほうが良いと思います。

他のサイトですがここのサイトが細かく説明してありました→フォーマルドレスの選び方

まあ「ウチはジーンズ専門店だから関係ねえよ!」って方もいると思いますが(笑)

しっかし、ネット通販の広がり具合は早いですね。

数年前ならまだ衣類でも個人商店がいけたんですが、今はかなり厳しいです。

個人商店の皆さん!がんばりましょー!

今年は元旦早々に風邪

2015.1.26(18:56)
そういえば、今年は元旦早々に風邪をひきました!(苦笑)

一年の計は元旦にあり、と言うのに、どうしましょ?!


元旦に風邪をひいてわかったのが、おせちがマズイ!

これが大損!

せっかくのおせちが、全然美味しくない。

もう・・・今年の正月はさんざんでしたわ・・・

初めてのインターネット広告、おすすめのやり方

2015.1.7(1:15)
広告の出し方を考える

インターネットに広告を出そうと思ったとき、どうするか?気をつける点は何か?費用対効果はどう計算するのか?解らない事だらけだと思います。私がネットショップを立ち上げた時も、まったくわかりませんでした。始めたばかりの当時を振り返ってみて、私が思う要点は2つだけです。

Ⅰ最初はクリック広告で始める


前章でインターネット広告には様々な種類がありますよー、と書いたのですが、これから初めてネット広告を出す方は、クリック広告から始めるのをお勧めします。なぜか?理由は簡単!

初期費用がかからない!

これ、とっても重要だと思います。

成果報酬型の広告だと、その広告を取りまとめるASPに依頼する際に3万ほどの初期費用がかかります。クリック型なら1000円からでも始める事ができます。

ネットの世界は全般的に「いくら調べても、やってみないと解らない!」というところだと思います。

新聞の折込広告や、ロードサイドの捨て看板ならば「こういう業種だと転換率は何%で・・・」といった、ある程度のノウハウがあるのですが、ネットの場合は様々な要因がからみすぎるので、何でヒットするかわかりません。

やっていく内に、自分の商品に合った宣伝の仕方が解ってくると思います。

始めやすいのは大手2社、GOOGLEアドワーズとYAHOOリスティング。

どちらもすぐ登録でき、自分でキーワード、クリック単価、広告費の上限を決めます。

無料の電話サポートもあるので、とりあえず最低金額で始めてみる事をおすすめします。

逆に言うと、何万もの費用がかかる広告は慣れてからする事!というのが私のオススメです。


Ⅱ自社ページはきちんと用意できているか?


インターネットに広告を出し場合、狙う事は自社ページへの誘導です。

ネットショップならば、そこから買ってもらう。エステや飲食店といった実店舗ならば、自社ページを読んでもらって来店してもらう事が狙いです。

せっかく広告を出して集客しても肝心の自社ページがボロボロならば、お客さんは見てくれません!例えば、ネットショップの平均転換率は1%か2%と言われます。

100人来れば、1個か2個は売れるという事です。

自分の店の転換率をもう一度見直し、1%を切るようならば、デザインや商品写真など、対策を練る必要があります。

自社ページの実力を計る意味でも、クリック広告を少しやってみて、転換率を掴みましょう!

自社ページが無い方は「あー自社ホームページなんていくらかかるんだよー!」と思いがちですが、なんのなんの。

SOHOさんなどに頼むと、5万ぐらいで作ってくれます。

とりあえず適当に無料ブログで作ってみてもいいし。

まともなホームページ作成業者に頼むと20万とか30万とか言われるので、そんなのはムダです。

最初はとりあえず、どんな形でもよいので金をかけずにホームページを持ちましょう!そのホームページにちょっとづつ人が来るようになってから、デザインだとか考えたほうがいいです。





インターネット広告の種類

2015.1.7(1:12)

まずは、どんな広告があるのかを書いておきます。ネット広告というと、GOOGLEかYAHOOのに・・・とすぐ思い浮かべるのですが、実は色んな方法があります!おおざっぱに分けると4種類。宣伝する商品、サービスによって向き不向きがあったり、費用対効果も変ってくるので、どんな広告があるかを知っておくのは重要だと思います。


Ⅰクリック型広告(PPC広告)



クリック型は大きく分けて二つ。
① リスティング広告

GOOGLEやYAHOOなど検索結果の上部またはサイドに出る広告枠。

アド広告

アドネットワークとも言います。サイトやブログ、ホームページにつける広告です。

二つをまとめて「リスティング」と呼ぶ人も多いのですが、あるキーワードの検索結果に表示するリスティングと、他人のホームページやブログに出すアド広告は性質が違うので、ここでは分けて書きます。それぞれの詳しい説明はまた後で。


Ⅱ成果報酬型広告



サイトやブログに張られた広告から、実際に買い上げがあった場合に成果報酬が発生するタイプです。主に「アフィリエイト」と呼ばれる物がそうです。成果報酬型の広告を出そうと思った場合には、「ASP」(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録するのが一番手っ取り早いです。これも詳しくは別のところで書きます。

Ⅲ広告枠取引方


「アド・エクスチェンジ」と言う時もあるようです。これは今ではあまり見かけませんが、特定のホームページやブログに「月々○○円」といった形で広告枠を買う方法です。サイト運営者やホームページの持ち主と直接取引をするか、広告をとりまとめる代理店もあります。アド広告に比べ、被リンク効果があるのでSEO目的で買う場合が多いです。(中にはリンクにならない場合もあるので注意!)地方自治体のホームページなどでは広告主を募集している事が多く、ページランクも高いので、ちょっと狙い目。

Ⅳメール広告


メール媒体を使った広告です。感覚としては新聞広告に近いです。何百通で何円、といったメールの数によって料金が決まります。自社ホームページへの誘導が主な目的です。細かい設定もできる場合が多く「神奈川県に住んでいる人」とか、「料理に興味がある人」といった絞ったユーザーを狙う事も可能。

メルマガ広告
メールマガジンの広告枠に出すタイプです。最大手は「まぐまぐ」。自分でメルマガを出し、その読者を増やすための広告を打つ、という手法もあります。

メールプロモーション(ダイレクトメール)
YAHOOメールやGOOメールといった無料メールサービスを運営している会社が主な広告主。無料メールを使っているユーザーに向けて、広告を出してくれます。メール全文で紹介するダイレクトメールか、メールの一部分に表示するかなど、種類も色々です。


以上、広告の種類をざっと書きましたが、広告を載せる場所の違いと、料金の発生方法の違いです。
広告を載せる場所の違いで考えると、
  1. 検索結果の画面
  2. 各ホームページ、ブログのサイドバー等
  3. メール
料金形態の違いでいくと、
  1. クリック課金
  2. 成功報酬
  3. 定額
  4. メール数
という事になります。
では!次に生まれて初めて広告を出す、という方に向けて私の経験上のおすすめを言います。



インターネットに広告を出すには

2014.9.15(11:45)
インターネットに広告を出したい!売上UPしたい!
でも、それってどうやるの?!
という方に向けた記事です。

インターネット広告について

現在、いくつかのネットショップを運営している光太郎です。

ネット上に広告を出したい!と思われてるショップオーナーさんは多いと思いますが、何をどういうふうに出せば良いのか、最初はてんで解らないと思います。私もさっぱり解りませんでした(笑)
一口に「広告」と言っても、けっこう色々あります。そのあたりを私の経験もふまえながら書いてみようと思います。

実店舗にしろ、ネットショップにしろ集客にはネットがかかせないご時勢ですので、私のような個人経営の小さなショップオーナーさんの助けになれば幸いです。




| ホームへ | 次ページ
プロフィール

光太郎

Author:光太郎
現在、いくつかのネットショップをしている光太郎です。ネットショップを運営していく中で、特に広告を出すときの事を中心に、ネットショップを始めたばかりの方に向けて書きます。小さなショップをやってる方なら内容は合うと思います。私の店が小さいので(笑)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス解析

QLOOKアクセス解析

 X 閉じる